イノシシ対策 【ガーデストPro設置現場画像】

 ガーデストPro設置によるイノシシ侵入防止

 2023年夏に野生動物侵入被害の絶えないとのご相談を頂き、テストを兼ねてガーデストProを設置しました。
当時の経過を当該自治体の関係者様がトレイルカメラで撮影されていたものです。また、映像はありませんが、熊の通り道に設置しておいた箇所は、熊が避け獣道がなくなっていました。

イノシシ対策 鹿対策のお悩みはOffice tryがお手伝い致します。

① 野生動物の侵入対策に時間を費やす事無く、ご自身の目的に集中されたい方に喜ばれています。
② 季節に合わせた対策を行う事で、森林からイノシシの侵入を防止出来た。毎年対応していた切実な被害相談が無くなり精神的にも ストレスが軽減した。今年は範囲を広げてイノシシ対応を強化したい。【新潟県自治体 M様】
③ 対策するからには、野生動物の侵入を何とか防ぎたい。

シカ、アライグマ、ハクビシン、キョン、モグラねど獣害対策でのお悩みご相談下さい。

害獣対策 私達のお手伝い出来る事

これまでに、害獣被害に悩まれていた300軒以上の施設に導入され、イノシシ、シカ、小動物の害獣対策を行い、設置された98%のお客様にご満足頂いています【設置要項に準じて頂いた場合】

国家的推進計画を担うプラントを活用させて頂き、高温蒸気で生木を燻す事で発生する廃液は、野生動物が本能的に嫌がる強烈な焦げた”におい”(山火事)のバリアで侵入を防ぎます。
1年以上熟成させた液体を均一に抽出することで、
安定した品質をお届けしています。
獣害対策を諦めていた皆様から『害獣被害のストレスが無くなった』とお喜びの声を頂戴することが私たちの喜びと励みです。

日本テレビ NEWSevery様に取材頂きました。【2022年9月16日放映】

【一部訂正のこと】
ニュース前半のイノシシに侵入されていたレモン畑は、弊社で設置テストした現場ではございません。本来、苗木にぶら下げたり農地内ではなく、侵入口である隣接する森林エリアに設置することで、農地や生活圏への野生動物の侵入対策を行います。
映像後半(2分30秒~)の現場は、設置約1ヶ月半後の経過状況を取材・掲載頂きました。

日テレ ニュースevery 2022.9.16

朝日新聞 名古屋報道センター様に取材頂きました。

イノシシ姿見せず

2022年12月9日に愛知県瀬戸市内の設置現場を取材頂き、同年12月14日朝刊に掲載頂きました。
10月には、”イノシシが街中に出没している"と毎日市民からの通報対応に、市役所担当部署が悩まれていた中でご相談を頂きました。
11月11日に現地視察・『匂いで害獣対策を行う液材』を設置し経過観察をして頂きました。
翌日から、通報は途切れ2023年6月3日現在もイノシシの目撃情報は無くなっているそうです。

  • 皆さまの生活圏への野生動物の侵入対策を実践します。
  • イノシシ、シカ、その他 野生動物の出没が気になる。
    ▶そんなお悩みにお応えします。

    お任せ下さい。私たちがお役に立ちます。

2022年11月上旬 イノシシ対策を実施してから、近隣からのイノシシ目撃通報は発生していません。住民の皆様にも安心して日常生活をお過ごし頂いています。【瀬戸市役所 建築課様 2023年9月】

実績豊富な当社にお任せ下さい。

千葉日報様 掲載

獣害現場に適した方法

環境や野生動物に負担の少ないご提案を致します

耕作放棄地を住処にされない事が大切です。侵入路をへの効果的な配置をご提案致します。

房日新聞様 掲載

獣害の絶えない現場の
環境改善活動のお手伝いを致します。

ご依頼主様と連携して耕作放棄地などの被害軽減に努めてます。

山林からの侵入地点への設置

季節や動物のサイズ、侵入経路に合わせた効果的な対策を共有致します。

嗅覚の優れた野生動物に対して、被害状況を考察してお手伝いさせて頂きます。

獣害状況

耕作放棄地

収穫ロスを改善させるお手伝い致します。電気柵やメッシュを破る獣害が増加しており、被害額160億円超ですが、菜園や耕作放棄地の被害は集計に含まれません。【農林水産省統計】

施設関係

イノシシによるゴルフ場の芝生の掘り起しやシカによる立木の皮剥しによる被害は集計されていませんが、増加しています。

 鉄道沿線における接触事故 

全国的にシカやイノシシとの車両接触事故が絶えません。2020年千葉県内だけでも年間約500回超発生しています。【JR東日本千葉支社】

商品詳細

においで獣害対策を行う液材 ガーデストPro

ガーデストPro

   ガーデストPro 500ml容器
環境を考慮してリユースボトルを使用していますので、形状が異なる場合がございます。

設置方法

設置容器に30~50mlを充填します。
約1~2cm程度です。
対象の野生動物の鼻の高さに合わせて設置します。
使用済みペットボトルを加工し、においを拡散しながら雨水を防ぎます。

地上から設置ボトルの開放部を野生動物の鼻高にあわせて調整して頂きます。
例えばイノシシの場合は約50cm
シカで90cmとして頂きます。

設置量
ガーデストPro設置例【民家境界線】

製品詳細

ガーデストProは、国家的推進計画を担うプラントで精製され、生木を含む山火事臭が忠実に再現されています。そして、害獣が本能的に『命の危機』を感じ、効果が持続します。その結果、ご採用頂いた多くのお客様からご満足の声を頂いています。

国内の間伐材や放置された倒木など、未利用材を活用した発電工程で排出される液体を調整することで製造されます。
ガーデストProは、国内の森林資源の保全・有効活用に貢献しています。

【ご注意事項】
・取り扱う場合は、手袋、防護眼鏡等、ご使用する等ご注意下さい。
・高温多湿な場所を避け、お子様の手の  届かない場所に保管下さい。
・コンクリート等に付着すると色が落とせません。
・酸性が強く、大切な植物に付着すると枯れてしまいます。
・肌についた場合は、除菌アルコール等で中和して洗浄下さい。
・絶対に口には入れないで下さい。
・ペットの近くでは、ご使用を避けて下        さい。
・換気の良い場所でご使用ください。
・環境等により忌避結果が異なります。
・ガーデストProは農薬ではございません。

最新投稿

  • モグラが消えた
     2023年12月冬号『やさい畑』を見られ、この商品ならモグラ被害が、解決出来るかもと思い相談されたそうです。当初は、容器を用いて対策を行っていましたが、今回はお庭の環境を確認してモグラ塚を少し掘り穴に液剤を注入してみま […]
  • 筍を”孫に食べてもらえた" 嬉しいご連絡 
     千葉県市原市のH様(元気な88歳のお母様)からお電話を頂きました。初めて自分の山の筍を収穫出来た。そして、お孫さん達に送る事が出来て、とても喜んでもらえたことでした。きっかけは、今年1月 庭にイノシシが侵入して何とかし […]
  • 鳥獣被害対策は環境観察とアイデアから...
     イノシシの侵入が絶えないと悲痛なご相談を頂きました。更に昨年は、水害にも悩まされ大変な年だったそうです。毎年、イノシシ対策(電気柵など)も行っているが、人手不足や防止効果に悩まれているとのことでした。本日は、現地確認と […]
  • イノシシから筍を守ってみました
     先日、キョン対策で伺った時に優良な情報を共有して頂きました。雑談から、ご自宅の近くに竹林がありながらイノシシに荒らされて筍を諦めていると寂しそうに言われていました。昔は、親戚と皆で収穫を楽しまれていたとのこと,,,。現 […]
  • イノシシ対策 川からの襲撃を防ぎたい
    2023年夏、豪雨による河川の氾濫に襲われたレンコン池は、周囲約400mに施されていたメッシュと漁網の半分が流されてしまいました。その後、無防備になった川側からイノシシの侵入が始まり、レンコンが無残な状況になっていました […]